--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-06

過年夜

明日2月7日は、日本で言うところの旧正月、中国で言う、春節を迎えます。
その前日、年越しの夜を、中国語で、「過年夜」と言います。

今夜は、その過年夜を迎えます。

この「過年夜」、日付が変わる暫く前から、街には花火(中国語で焔火)が鳴り始めます。

但し、花火と言っても、爆竹や打ち上げ花火です。しかも、物凄く大きな音が鳴り響き
ます。音だけではなく、結構な振動もあります。

実際、以前から、火事等の被害が少なくないようで、嘗て、特に北京や上海の街中では、
何度か、特に過年夜~春節の間、花火の使用が禁止されたこともあったそうなのですが、
禁止されたくらいでやめるようなしおらしい人々では当然なく…(苦笑)、結局今日では、
済し崩し的に、この条例は有名無実化してしまっています。

この花火を鳴らす習慣(儀式)、“招来發財”、この音で幸せ、特に財産を呼び寄せようと
いうのが、最も大きな目的なのです。
ですから、
“小さな音では意味がない!より大きな音を鳴り響かせてこそ、より多くの財(お金)を
招くことができる!”
…と、いうことなのだそうですが…。

打ち上げたい人達も勿論、ここが稼ぎ時の花火売り達も、勿論強く抵抗しましたから。
実際、打ち切ってしまえば、否、寧ろ“撃ち切って”かな、直ちにその辺りの花火売り
から、新たな花火(“実弾”という印象ですね、理由はこの後)を補充して、再び打ち始め
ます(ここも、“戦列復帰”というイメージですね…)。
ですから、この時の花火の消費量というのは、物凄いものなのですよ。

深夜0時を迎える頃ともなれば、スピルバーグ監督(セービング・プライベート・ライアン)も
真っ青!?
ピーク時など、隣の人との話もできなくなる程です。

しかも、この花火に触発されて、あるものも発動するのです。
それは…、

各自家用車や二輪に設置されている、盗難防止用警報機のサイレン音です!
花火自体が、爆音+振動ですから、警報機が発動する条件は、見事に整っているの
です。しかもこちらの警報機、一台が鳴っただけでも、周囲の安眠が妨げられるような
大音量のものが殆どなのです、困ったことに…。
以後、
花火が撃ち上がる→警報機が発動→それらに触発されて、他の警報機も発動
→更に別の花火が鳴り響く→再び警報機発動→…
(以後、朝まで延々と続く…)

只でさえ、日本の年越し蕎麦ならぬ、「年夜飯」を食べる為に、親族が集まっていて、
多くは寝てなどいませんし。
おまけに、それだけの人数が集まれば、当然大人にはアルコールも入っていまして。
勿論、「乾杯!」ペース(当然“中国流”の)です。

乳幼児など、幼い子供も少なくないだろうに(特に昨年は金褚(猪)年で大ベビーブーム
でした)、問題はないのだろうか?…などというのは、日本人や欧米人辺りの遠吠えに
過ぎないのかも知れませんね…。

兎も角、今宵、今年の過年夜もまた、とても眠れはしないでしょう。
嗚呼、今年もこの夜がやって来る…。
スポンサーサイト

theme : 中国
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

mittat小姐

歓迎降臨!

早速のお立ち寄り、有難うございました。足跡まで残して頂きまして、嬉しい限りです。

ブログの新しいスレッド、拝見しました。そちらでも、もう始まっているのですね。
今年はスタートが早いですね。例年は、11時半近くなって本格的になるのですが、
今年は10時過ぎには、(音が)大きいのが始まっていますね。
私が今いるのは、徐家匯なのですが。

本来の意味は“招来發財”で、しかも上海人達ですから、尚更気合も入っているの
でしょうけれども(笑)、それもストレスの裏返しでしょうね、絶対に(爆)。

お休みになるのでしたら、イヤーウィスパー(耳栓)を用意しましょう。
私は諦めて、朝までブログ整理でもしています。

余り期待して頂くのも、却って焦燥感に駆られますが(本当に!?)、こんなことを
取り上げて欲しい、とかご要望がありましたら、仰って下さい。私に分かる範囲で
お話してみたいと思います。

これからも宜しくお願い申し上げます。

nobody knows小姐

歓迎光臨!(いらっしゃいませ)

mittat小姐(英語のMiss or Ms.という意味で受け取って下さい)がブログで書いて
いらっしゃるように、既にフライングしています。とても外で話などできない状態に
なってしまっています。市内なのですが…。

今夜は、こんな所に留まっていない方が賢明だと思います。先ず眠れないでしょう。

欧州へは、実際に足を運んだことはなくて、書物等からの知識が殆どなのですが、
例えば、上海やシンガポール、サイゴン(ベトナム)等、アジアに残る欧州の雰囲気
というものは、触れていってみたいと思います。
どこまでご紹介できるか分かりませんが、お付き合い頂けましたら嬉しい限りです。

これからも宜しくお願い申し上げます。

No title

孤舟居士様
(すみません。何とお読みになるのでしょうか。)

こんにちは。
私のブログにコメント頂きありがとうございました。

招来發財(初めてこの名前を知りました!)テレビ等でチラッとしか見た事ありませんが朝まで延々と続くんですね…私はその場に居れる自身がないです(笑

自国、他国関係なく文化を知る事は自分にとってプラスになります。
欧州史もこちらで勉強させていただきますね。

それでは又。

招来發財という意味だったんですか

はじめまして孤舟居士さん。

この時期の爆竹にそんな意味があったんですね。毎年単なるノリかストレス解消でやっているのかと思っていました。

過年夜の爆竹はある意味恐ろしいほどの音響ですが、私は翌日に子供たちがあまった爆竹を道端でドンパチやってその破片が歩行中に飛んでくる方が怖いです。(^_^;)

上海に生活していながらあまり中国文化には詳しくないので、ちょくちょく訪問させてもらって勉強させていただきますね。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。