--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-12

外灘 -Bund-

上海市内を流れる黄浦江は、北へ下って行けば長江(揚子江)へ注ぎます。この為、
嘗て上海へ向かう船は、東シナ海から長江、そして黄浦江を辿って上海に入港して
いました。

この黄浦江を挟んで、西を浦西、東を浦東と呼び、浦西が嘗ての旧市街となります。

黄浦江と蘇州河の合流地点近くに架かる“外白渡橋”から、中山東一・二路に沿って
南に延びる、黄浦江西岸一帯は“外灘”と呼ばれ、一方、外白渡橋から東に広がる、
黄浦江北岸の地域を北外灘と呼びます。

外灘には、租界時代に進出してきた、欧米列強により建てられた、欧米様式の荘厳な
石造建築物が建ち並び、上海が欧米列強に門戸を開いて以来、160年以上に及ぶ
歴史を、今に伝えています。

外灘

外灘というのは、“外国人の岸”を意味します。

清朝と大英帝国との間で勃発したアヘン戦争(1840~42年)において、清軍は、近代
兵器を装備した英国軍に完敗しました。

その結果締結された南京条約(1842年)により、上海は、広州・福州・厦門・寧波と共に、
開港されることとなりました。
なお、この時の条約において、合わせて、
香港の割譲
・公行(コホン)の廃止
 ※公行;清代に、広州において、対外貿易を独占していた特権商人の組合のことです。
・1839年、欽差大臣林則徐が没収した、アヘンの補償費600万両の(英国への)支払い
・(上記とは別に)英国がこの戦争に要した軍事費1,200万両の賠償
・清英両国間の、対等国交の原則
以上を、清国は承認することとなりました。

この南京条約の批准は、翌1843年なのですが、この条約の批准に基づき、
・6月;五港通商章程
 …清国内における、英国の領事裁判権の承認
・10月;虎門寨追加条約
 …英国に対する、領事裁判権・輸出入税率・通商章程・最恵国待遇条款等を規定
これらが追加され、この後の、清国の列強に対する、不平等条約の発端となりました。

1846年に、上海に初めて、英国租界が置かれます。
英国は、当時黄浦江西岸に広がっていた、無人の湿地帯を造成し、商館や住居を建設
しました。
これが外灘(バンド)の始まりです。

開港後、華僑の出身地として有名な福建、広東等からの航路が活発になり、船員、
港湾労働者、あるいは無頼の徒等が、多く上海に流入するようになりました。
その後、今でも世界各地のチャイナタウンで見られるように、同郷の互助組織である、
同郷会館が設立していきます。
この同郷グループが、「」(Bang、バン)と呼ばれます。

その後、太平天国の乱により故郷を追われた人々が、上海の租界に流入し、1854年
には、その数が2万人を越えたそうです。
当初、租界内での、中国人の土地所有・居住は禁止されていましたが、1855年より、
中国人の租界内居住が認められるようになりました。

19世紀末になると、嘗ての英国租界は、英国のみならず、ロシア・アメリカ・ドイツ、
そして1895年に日清戦争に勝利した日本が進出してきました。
これにより、このエリアは、列強各国の管理する“共同租界”となりました。
特に金融・貿易の中心地として、外灘は、東アジアで最も重要なエリアとなりました。
現在、黄浦江西岸に立ち並ぶ欧風建築物の多くが、20世紀初頭~前中期に掛けて
建てられたものです。

その結果、上海の租界は、
共同租界
フランス租界
華界
の、「三界四方」と呼ばれるようになりました。
この三界、各界毎に、それぞれ異なる行政警察機構を持っていましたので、各界の境は、
取締りが及び難くなっていました。
と言うのは、例えば共同租界で犯罪を犯したものは、他の租界、例えばフランス租界へ
逃げ込んでしまえば、共同租界の警察は、手が出せない訳です。

戦前の上海の代表的な幇として、「紅幇」・「青幇」が有名です。


以上につきましては、追々新たにスレッドを立てて、できる限り写真と一緒にご紹介して
行きたいと思います。
スポンサーサイト

theme : 中国
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

donami様

この高さは、海湾の中の、展望で売っているレストランからです。
確かに良いロケーションではあるのですが、この上海で、珈琲(カプチーノ)
一杯50元~、って、一体何!?(苦笑)

これらの写真の数々、結構見えないところで、思わぬ出費がありますね。
痛たた…(笑ってやって頂ければ嬉しいです)。

No title

初めまして。
偶然こちらに辿りつきまして、非常に興味深く拝見させて頂きました。
そして、写真も素敵だし。この角度って、海鴎あたりですか?
他の記事もゆっくり拝見させて頂きますね。
では!

Mario様

現在、例の大雪による、内陸部等の電力不足の影響で、外灘や陸家嘴は、
夜10時以降のライトアップが自粛されています。そのせいもあってか、例年
よりも、この春節期間中の、上海への観光客は、例年よりも若干少な目だった
ようですね。

こちらの恋人達は、ライトアップしていようがいまいが、人目なんてはばかり
ませんよ、少なくとも今日びの若い恋人達は(笑)。
それに、特にこんな寒い時期には、舞台は卡拉OK(カラオケ)ボックスに
移っていますね。最近、たくさんできているのです。

外灘 -Bund-はいいですね

 相変わらず「こちら側」はいいですね。
 和平飯店に何度か泊まりましたが、あの上の階の餐庁から眺める浦東はなかなかだったんですがね。 東方明珠が出来て最悪!。 あのアンバランスが上海そのものなんでしょうが。
 川沿いの暗闇は恋人たちの楽園だったんですが、今やライトアップでそれどころじゃないんでしょうな(笑)。

大気汚染

撮影時に天気が悪くなったこともあって、余計に視程が良くないのですが、
それでもこの交通量、まだ普段よりずっと少ないですから、幾分ましな筈
です(苦笑)。工場も、まだ多くは稼動していないですし。

そう言えば、アフリカのマラソンの世界記録保持者でしたか、北京五輪には
出たくない、と言っていたような。
理由は、大気汚染 & 開催時期の北京の猛暑とか。確かに、選手にとっては、
下手をすれば命に関わるかも知れませんからね。

なるほど。

世界史で習ったこと、思い出しました! こうやって改めて条約の内容を読むと、すさまじく不平等ですよね… これがまかり通っていたとは。

お~都会! ドイツではありえない高層ビルです^^ それにしてもスモッグすごいですね。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。