--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-18

外灘6号 -続記-

今回は、「SUN with AQUA」のスレッドで取り上げました、「外灘6号」の記事の中で
触れました、「大清銀行」についてお話します。

大清銀行は、今の「中国銀行」のルーツです。
この銀行は、清朝政府が、1905年に設立した、中国における初の国立銀行で、
当初の名を“戸部銀行”といったそうです。

戸部とは、清政府の官制である六部(吏部・戸部・礼部・兵部・刑部・工部)の1つで、
財政・税務・土地・戸口を司る機関でした。

1908年、官制改革に伴い、戸部が名称を変更したことで、「大清銀行」と名称を改め
ましたが、辛亥革命(1911年)の勃発と共に、営業を停止しました。

その後、翌1912年に、「中国銀行」となり、新政府の中央銀行となりました。

1916年に、重要な転換点となる事件が起こりました。
当時の大総統であった袁世凱が、軍事費調達を目的に、中国銀行及び交通銀行に
対し、“銀”から“現金”への兌換業務を禁止する通達を出したのが発端でした。
通達が出された後、上海の中国銀行では、当時海外留学から帰ってきたばかりの
若手経営陣が、
“現金兌換業務を停止した場合、信用問題にも関わる”
と判断、業務継続を断行しました。
更に、匯豊銀行(上海支行、外資系)の支援も取り付けるなどして、上海の中国銀行は
顧客からの信頼を取り戻し、当時の経営危機を乗り切ったそうです。

その後上海は、「独立主権の地」とされ、中国銀行の他、金城銀行、新華備蓄銀行と
いった銀行が、相次ぎ本店を上海に移転、東アジアにおける金融センターとしての
地位を確立していきました。

なお、中国銀行は、今日の、中国国営4大銀行の一つです。
中国国営4大銀行は、下記の4行になります。

・中国銀行
・中国工商銀行
・中国建設銀行
・中国農業銀行

この4行の他に、「交通銀行」を含めて、5大銀行と呼ぶこともあります。
スポンサーサイト

theme : 中国
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

cosdina様

袁世凱、この前年(1916年)に帝政を目論んで皇帝になろうとして、
10月には帝政を受諾(もちろん、できレースです)するのですが、
その年の末(12月)から猛烈な反対が起こります。
翌'17年になって、このスレッドの記事にあるようなことをしますが、
結局3月、帝政を取り消します(早い!)。
そして6月には、袁世凱は死去してしまい、8月には国会が再開
されるのです。

この経緯を見ると、若手経営陣の英断は、大正解でしたね。

cosdinaさん、こちら系で働いていらした…、大陸系でですか?
当時のご苦労、お察しして余りあります(苦笑)。

当時の、、、

若手経営陣、思い切った判断ですね~。権力に屈しないその実行力には唸るばかりです。私もそっち系で働いていたことがあるので、その難しさはよくわかります。。。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。