--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-03

外灘12号

今回は、外灘の欧風石造建築群の中でも、特に存在感のある「外灘12号」を
ご紹介致します。

外灘12号

この建物は、匯豊銀行の上海支店として、1923年に完成しました。

この匯豊銀行は、サッスーン家のスレッド第2回目でお話しましたように、二代目
当主アルバートの兄弟であるアーサーにより創立されました。
匯豊銀行は、現在、香港最大の銀行であり、また、2006年度株式総資産では、
シティグループ、バンクオブアメリカ(共に米国)に次いで、世界第三位を誇って
います。

20世紀初頭、匯豊銀行上海支店の営業は、対中国取引の中核を成していました。
その取扱額は、既に香港の本店を遥かに凌ぎ、上海の外為市場の60%以上を
取り扱っていました

また、中国政府に対し、関税と塩税を担保に、巨額の資金を貸し付けてもいました。

1920年代、外灘は、既にアジアの金融センターに発展しており、匯豊銀行も、その
名声に相応しい、新たな上海市店社屋を建設する必要がありました。

建設に当たっては、1920年当時の頭取A.G.ステフェンスの指示に従い、
費用に糸目を付けず
他のどの建物より壮大で豪華
外灘を支配するような建物
を目指しました。
それは、上海で巨額の財産を蓄積した人々が、動乱の社会にあっても、安全に
預金できる銀行だと感じられる
ように、権威ある建物として設計されたのです。
こうして完成した新社屋は、将に
スエズ運河からベーリング海までの間で、最も素晴らしい建築
と賞賛されました。

パーマー&ターナー設計事務所による設計で、英国エドワーディアン・バロックの
流れを汲む、新古典主義建築様式を採用しています。
中央上部の壮大なド-ム、正面表面に積み上げられた花崗岩、2階から4階までを
貫くコリント式の巨大な列柱が素晴らしい建物です。
特に、1Fロビーのドーム内側に描かれた、モザイク画、ドームを囲む8つの壁面に
描かれた、世界8大金融都市の風物を描いた壁画、床のモザイクは、それは見事
です。
上記壁画の8都市は、'23年当時匯豊銀行の支店があった、香港上海ロンドン
ニューヨークパリカルカッタ(当時の英国インドの首都)、バンコク東京です。
但し、写真撮影は許されていないようですので、こちらでご覧頂けないのが残念です。
建築資金には、銀800万両を要しました。これは、匯豊銀行の2年分の利益に相当
したそうです。

建物正面入口を護るように鎮座された、精緻を極めた2頭のライオンは、英国で鋳造
されたものです。
彼らは、銀行に最も必要な資質を表すよう、“慎重さと安全性”と名付けられた。

1955年、匯豊銀行上海支店は上海市政府に譲渡されました。以後、1995年まで
上海人民政府庁舎として利用
されていました。

1995年、上海市政府は、人民広場に新たに建設した新市庁舎に移転しました。
翌1996年、上海浦東発展銀行がこの建物の使用権を獲得し、巨額の費用を掛けて
現在の姿に改修しました。
こうして今日、上海浦東発展銀行が1,2Fで営業しています。

匯豊銀行上海支店は、陸家嘴経済金融区のスレッドでお話しましたように、森ビルが
建設した旧森茂国際大厦を買収し、そちらに移転しました。
これに伴い、旧森茂国際大厦は、「匯豊大厦」(HSBCタワー)と名前を変えています。

現在、この建物の中には、スペイン、ノルウェー各国が総領事館を置いている他、
3F(表示上は2F)に「外灘12號珈琲廳」というカフェがあります。
このカフェからは、外灘(バンド)は眺められませんが、中庭を挟んで、上海の喧騒
から隔離された
、落ち着いた雰囲気のカフェです。

また、この中のオフィスフロア(3~5F、表示上は2~4F)は賃貸可能で、前出の、
各総領事館の他、法律事務所などが入居しています。
スポンサーサイト

theme : 中国
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。