--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-06

徐匯区 -徐家匯・後編-

本日は、前回に引き続き、徐家匯編をお届け致します。

     天主堂・庭園

漕溪北路沿いにある、聖愛広場の隣に、立派な教会が建っています。

     天主堂

この教会は、徐家匯天主堂といい、またの名前を、聖イグナチオ教会(イエズス会
創始者イグナティウス・デ・ロヨラに因んでいます)とも言います。

この教会は、1608年、明末の政治家・学者として有名な徐光啓が、宣教師ラザレ・
カッタネオ
と共に創建しました。
      徐光啓

      徐光啓像(1562~1633年)

清代に、一時布教が禁止されていたが、アヘン戦争後の南京条約(1842年)により、
再び布教が認められ、1847年に信者が土地を取得、1851年に天主堂が完成
上海における総本山となりました。

後にここが手狭になった為、1897年からフランスのイエズス会が寄付を募り始め、
1906年より、旧天主堂の南側に、イギリス人トッドウォールの設計による天主堂を
起工、1910年、ゴシック式の尖塔が見事な天主堂が完成しました。

※後に、1935年に完成した佘山天主堂が、極東地域におけるイエズス会の総本山と
  なり、現在、上海におけるイエズス会の総本山となっています。
       
天主堂を中心に、
・図書館(徐家匯蔵書楼;1847年設置、後に上海図書館に併合)
  図書館


博物館(1847年設置、学校としての役割)
天文台(1870年設置、中国で最も古い西洋式天文台)
     …後に佘山天文台と併合、中国科学院となる。
施薬院
等が完備されました。

また、天主堂に近い南丹路には、徐光啓のお墓のある、光啓公園があります。
              徐光啓墓

1983年、徐光啓の没後350年を記念し、彼の名を冠した公園となりました。
この時、文化大革命期に破壊されていた、徐光啓のお墓も再建されたそうです。

現在では、朝になると、太極拳等を楽しむ人で賑わっています。

園内には、徐光啓紀念館もあります。
 徐光啓胸像

徐光啓にまつわる、徐家匯の発展の様子も展示されています。
無料でもありますので、こちらにお立ち寄りの際には、是非見学されてみて下さい。
スポンサーサイト

theme : 中国
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

tanauso様

絶好の撮影ポイントが“大通りの真ん中”とか、とんでもない状況も
間々あるのですが(苦笑)、皆様に気に入って頂ける写真が集められる
ように、天候と戦いつつ(再び苦笑…)、微力を尽くします。

写真については、tanausoさんには遠く及びませんが、勉強させて
頂きながら、向上して行けたら、と目標にしております。

今は、歴史のある建物の写真は、外灘(バンド)とここだけですが、
他のストックの分も、逐次公開して参ります。是非ご覧下さい。

TMK1611様

上海には、結構見るべきものが多彩にありますが、それだけに、一般的な
観光ツアーですと、駆け足になってしまって、なかなか一つ一つについて、
その背景等まで触れられないようですね。

一つには、そうした辺りのPRについて、現地側も余り力を入れていない
ようにも思えます。

外灘の18号でも触れていますように、今では欧米でもなかなかお目に
掛かれないような、歴史的価値の高い建築物なども少なくありません。

現地の意識を高める為にも、外国人の私達が、こういった形で紹介して
いくことで、貢献できたらな、と考えています。

No title

こんにちは。
先日はコメントどうもありがとうございました。
私も上海は行った事がないのですが
何度か上海に行った方に聞いた話ですが
2・3ヵ月後に行ったら前は無かった建物や道路がと。
凄いスピードで街の開発が進んでいるとの話を聞きました。

歴史のある素敵な教会ですね。
こういう街並みは是非ずっと残してほしいですね。



No title

こんなに素敵な教会と歴史ある背景が
あることを初めて知りましたe-454

私のイメージでは、漠然と、賑やかな上海だと
思っていたのですが、
また違った角度から、上海という街を
新たに発見e-119することができて、嬉しく思います。

ところで・・・もしよろしければ、
相互リンクe-518をさせていただきたいのです。
ご検討いただければ幸いですe-266

どうぞよろしくお願い致します。

dairu様

建設スパンが短い理由として、
・今年のオリンピック
・'10年の世博会(万博)
この2つの国家級イベントにおける観光客に対して、不便の無いようにする
(本音は見栄でしょうか…)という目的があります。

また、工事が長く続き過ぎますと、特に市内の場合、市民生活に
支障をきたしてしまいます。ですので、余り長いこと工事を続ける
訳には行かないようですね。

勢いがすごい!

こんばんは~(^O^)
私、上海は行ったことがないのです!
なので、前回の記事に引き続き読まさせていただき、
上海の勢いにビックリしておりますー(@_@;)
建設完了までのスパンが短いですよね!
超高速で造っているのでしょうね!
すごいなぁ・・・。
一方で教会など古き良きものも存在していて、
魅力的な都市ですね♪
いつか行ってみたいです!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。