--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-15

徐匯区-淮海中路周辺・第3回-

今回は、淮海中路周辺編の第3回目、落ち着いた佇まいの老房子の立ち
並ぶ道
華山路」についてご紹介します。
  華山路×復興西路

    華山路×復興西路交差点

華山路は、3月8日のスレッドでご紹介しましたように、太平天国の乱の折り、
当時上海へと進軍していた太平軍と相対する為、イギリス租界が敷設した、
静安寺から徐家匯へと通じる軍用路で、当初英徐家匯路と呼ばれていた
道です。
1920年に海格路と改名し、そして今日では華山路と呼ばれています。

華山路と鳥魯木斉路との交差点附近に、華山病院があります。
この病院は、復旦大学の付属病院の一つで、外国人診察もあります。

次の写真は、丁香花園という、嘗ての別墅(お屋敷)です。
  丁香花園-1  丁香花園-2

この建物は、1880年代に竣工された、アーリーアメリカン様式の建築物で、
邸宅と、36アールの庭園から成っています。
ここは今日、2つのレストランとなっています。
一つが「申粤軒」という広東料理のレストランです。
  申粤軒

もう一つが「Charles」というフランス料理のレストランです。
  Charles


この丁香花園につきましては、日本史にまつわるお話があります。
これにつきましては、後日改めてスレッドを設けて、お話致します。

華山路と江蘇路の交差点近くに、華山路・興国路・湖南路に囲まれて、
興国賓館」というホテルがあります。
   興国賓館-1

このホテルは、1934年に1号楼が建てられて以来、70年以上の歴史と
伝統を持つ、名門ホテルです。
嘗ては毛沢東も宿泊し、また、初代上海市長の陳毅も暮らしていた、
国賓クラス専用の超高級ホテルでした。
現在は、ラディソン・ホテル&リゾーツグループによって運営されています。

敷地内には、広く見事な庭園を有しており、この場所が、徐家匯から
近い
街中にあることを忘れてしまいます。
   興国賓館-2  興国賓館・庭園


ジム・プール・ボーリング場・スカッシュコート・ゴルフシミュレーター等を
完備しており、スポーツ施設が充実しています。

明日の「淮海中路編」最終回は、淮海中路と烏魯木斉路との交差点附近を
ご紹介致します。
スポンサーサイト

theme : 中国
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

TMK1611様

旧フレンチ・コンセッションの地域には、こうした雰囲気の建物が
少なくないです。
いろいろな側面を見せてくれる街ですので、多彩な楽しみ方が
できると思います。

No title

風格のあるお屋敷をレストランe-146として
利用されているんですねe-348
高級感が漂っていますe-420

私の父が旅行e-168で訪れた上海の写真e-94には、
中国らしい風景(お寺や市場など)がe-386載で、
こういう場所を見たことがありませんでしたe-464

異国情緒あふれる風景を拝見していると、
改めて、上海という街の広大さを感じましたe-257
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。