--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-31

上海飲食事情

3月11日(火)の、衡山路のスレッドでご紹介しました「GRAND PIANO
様より、衡山路店閉店のお知らせが届きましたので、下記に掲載します。
----------------------------------------------------------------
お客様各位

時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、このたび当GRAND PIANOを08年3月31日(月)夜の営業をもって

終了することになりましたのでご連絡いたします。

04年10月から約3年6ヶ月の間、皆様方にご愛顧いただきまして
誠にありがとうございました。

現在、店舗を探しており、再び店舗を出す予定でございます。
開業が決まり次第、皆様方にご連絡いたします。

まずは、御礼とご連絡まで。
----------------------------------------------------------------

上海においでの方はご存知と思いますが、現在上海は、特に店舗の賃料が
高騰しています。
豊富な資金力をバックに、繁華街の路面店と見るや、近くに他のチェーン店
(同一ブランドであっても)があろうと出店するので、尚更です。

上海の繁華街、何処へ行っても、

スターバックス(星巴克)
KFC(肯徳基)
ピザハット(必勝客)
・マクド(麦当労)
一茶一坐
・避風灘
ハーゲンダッツ
・味千ラーメン(味千拉面)

これに最近では、

・Coffee Bean
・Papa Jone's(棒約翰)
・サイゼリヤ(薩莉亜・日系)
・Babela(巴貝拉)
・代官山(名前は日本風ですが、台湾系)

などが…。あの豫園でさえそうですからね(苦笑)。
ちなみに、このうち、KFCとピザハットは、同一グループですね。
スターバックスは、台湾の統一集団(飲料や即席麺等の会社)からの出店。

一度評判になると、集客できてしまう、仮に集客できなくても、それだけ出店
していることで、変なブランド力が付いてしまうのがこちらの特徴なので、
資金力勝負となるパターンが多々あるのです。

困るのは、賃料が高騰し、既存の良い店まで撤退してしまうこと。
何処へ行っても同じようなお店しかないのでは、代わり映えしませんもの
ねぇ…。

そういうこともあって、できるだけ独自のスタイルを出しているお店を紹介
することが多いのですが、今後益々減っていくのかな、と思うと、心配でも
あります。

「GRAND PIANO」は、新たな店舗を探されるということですので、こういった
出店戦争に巻き込まれないような所で、また良いお店を出店されることを
お祈りしています。
スポンサーサイト

theme : お知らせ
genre : ブログ

comment

管理者にだけメッセージを送る

doizo様

モスは日本で成功したのと同じ方法で中国で展開しようとして、
見事に失敗しましたね。マクドという競争相手がいる以上、
目立つ所に出店しないと、ブランド力で勝てないのが、この国の
実情ですね。

中華料理に対しては一家言がありますが、それも地元の食べ
慣れた料理が一番!他は美味しくない、と決め付けますね。
つまりは、食に対しては、大変保守的です。
日本料理を食べようとする中国人は、本当に日本料理が
美味しいと思って食べる人よりも、自分は日本料理を食べ
慣れているくらい日本に対して友好的だ、先進的だ、という
理由の方が強い方々が、圧倒的に多いですね。

この辺りを上手く突いた、美国(アメリカ)系巨大資本によって、
上海の店舗賃料は急騰する一方です。真艫なお店が次々に
減っていくのは、困ったものです。

長いレス、大歓迎です。特にdoizoさんは、こちらの知識量が
豊富で、多くの方々にとって参考になると思いますので。
これからも宜しくお願い致します。

Chaky様

マクドの中国語名;麦当労は、音の当て字ですね。敢えて無理やり
仮名表記すれば、「マイダンロウ」となります。

あの写真、(中国の)某時代劇ドラマの一シーンです。決して私本人
ではありません(苦笑)。
あのシーンでは、泣きながら草笛を吹いています。あの人物が、
奥さんが殺されてたことを知って、奥さんを偲んで草笛を吹いている
シーンです。

スタバとKFCが無いなんて!何て素晴らしい国なんでしょう。

No title

たしかにそのとおりです。

大きな資金力のある所が勝ってしまいます。
あと、戦略のもんだいもありますよね。
中国では、自分自身の舌で美味しいものを
判断する能力がまだ劣っています。
ゆえに、宣伝の力に大きく左右されます。
簡単にいえば、ミーハーなんですよね。

宣伝しているから、おいしい!人がたくさん
並んでいるからおいしい!店が一階の
良い場所に有るからおいしい!!等等。

マクドとモスが良い例ですよね。
お互い資金力はあるが、モスは味さえ
良ければ客は集まる(日本で成功)
ということで、百貨店の4階の隅で経営
マクドは、宣伝に力をいれて一階の一番
いい所で販売、結果はマクドの勝ちである。
といったように、中国ではまだ中身で
勝負のときではなく、名前を売った
者勝ちですよね。だから大きな資金力
のある所が買ってしまうんだろうね。

それにつられて、店舗の値段も高騰し
資金力があるところのみ出店可能と
いうことだろうね・・・

ながながとなりましたが、では!!!

麦当労

日本で色々(ネットに繋がるまで)苦労があったようですが、祝!ブログ再開。 これからも楽しみにしています♪

ステーキ屋さんが閉まってしまったのは残念ですね。 どこに行っても同じチェーン店では味気ないと思いますが。 (なんとスウェーデンには、星巴克がないんですよ。 肯徳基もありません。)

中国語の当て字って、意味があるのでしょうか? ただ音を当てたに過ぎないのでしょうか? 麦当労って・・・

先程クロさんのブログにお邪魔したとき出現した夫ですが、孤舟居士さんのブログを拝読している今も寄ってきて、プロフィールの写真を見「この人は笑っているのか泣いているのか、どんな感情でこの表情をしているのか」と聞いてきます・・・ 

クロ様

クロさんからそう言って頂けるのは嬉しいです。
有難うございます。

サンクでも、外食産業のグローバリゼーション(悪く言えば覇権主義?)が
進んでいるのですか!サンクのような古都は毒されて欲しくなかった…。

根源は、アメリカファストフード産業ですね。
中国人が、KFCのフライドチキンに群がるのを見ると、正直悲しいものが
ありますよ…。自国の食文化を、もう少し大切にして欲しいものです。
他国の食文化を尊重しても欲しいですが、ファストフードに押し寄せる
大衆は、ファッション的な要素の方が大きいですからね。
まぁ、上手く一人っ子達(=小皇帝)を篭絡したものです。

ピザハットのネーミング、10年前に始めて見た時は、「比薩客」
だったと記憶しています。今のネーミングにした人は、実に賢いと
思いますね。ナイスネーミングです。

マクドは…。
(…何てセンスの悪いネーミング)

必勝客!

サイト再開されて、嬉しい限りですv

ペテルブルクでも、古きよきお店が閉まったり現代風に様変わりして
都市部なら世界中どこにでもありそうな店ばかり大盛況です。
それにしても「必勝客」ってすごい当て字ですね(笑)
それに対しマクドナルドは労働組合のような…?

更新を楽しみに、また来させていただきます♪
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。