--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-01

中国ネット事情

3月30日のスレッド「日本ネット事情」で、TMK1611さん、nobody knowsさんから、
中国で閲覧できない日本のサイトについてコメントを頂きましたので、こちらに
ついて、幾つか例をご紹介してみたいと思います。

先ず、先のスレッドでも触れました、Wikipediaがそうです。

こちら、以前は、一時的に閲覧できた時期もありました。
これが、全くアクセス不可能となったのは、'05年の反日暴動が切っ掛けと
なったようです。

あの時期、Wikipediaのみならず、日本の政府系サイト等にも、中国からの
改竄(かいざん)などの、ネット攻撃が相次いでいました
ので、

・それに対処した日本側からのブロック
・そうした中国国内過激者を規制する為の、中国側からのブロック

双方の理由が考えられると思います。もしかしたら、両方かも知れません。


次いで、Infoseekです。
これは、随分前からアクセスできませんし、私が中国に行って以来、できた
試しもありません。
Infoseekについては、日本でも規制が掛かることがあるようですので、勿論
中国側でブロックを掛けているでしょうけれども、中国に限らず、セキュリティ
プログラムに掛かり易いのかも知れません。


ジオシティーズも、アクセスできないことが殆どです。
ネット上での誹謗中傷合戦の過激化に繋がると思われているのでしょうか。


エキサイトブログにも、最近アクセスできなくなっていました。
こちらのお友達で、sueさんが使っていらっしゃいますが、ある日突然、閲覧
できなくなってしまいました。
Exciteへアクセスすることは問題ないのですが…。


何故か2ちゃんねるへは接続可能です。取り締まるなら、寧ろここではないかと
思われますが…(苦笑)。


アダルト系サイトなどは、ブロックが掛かっているものが少なくないようです。
これは中国側かららしいです。

それ自体は良いことなのですが、こちらのサイトで、問題のあるものが少なく
ない…。もちろん政府は、見付け次第閉鎖させているようですが、何せ数が
半端ではない(人海戦術)!
中国では、結構安い値段で、簡単にサイトを開設できてしまうのです。
現地発信だけではないかも知れませんね。当面、両者のいたちごっこが続く
でしょう。


その他、現在、日本のオンラインゲームで、海外からのアクセス禁止のものが
少なくないようですね。
これは日本からのブロックのようです。


中国以外の海外では、どうなのでしょうか。
諸地域からの皆さん、情報を頂けましたら助かります。
スポンサーサイト

theme : 中国での生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

Mario様

適度にガス抜きをしないと、人民の間に鬱積する負のエネルギーが、
何処に向かって、どのくらいの勢いで爆発するのか、分かったものでは
ありませんからね(苦笑)。

周りが言う程、情報統制の為の規制など、してはいないと思いますよ。
結局一番の目的は、内外に跨るネット犯罪の温床を叩くことなのでは
ないでしょうか。これ、きちんと行わないと、また政府が、先進諸国から
叩かれますからね。
勿論ここには、知的所有権の保護も含まれますね。

cosdina様

テレビ大国ではあるので、一般の番組で、結構ストレス解消は図れます。
サッカーの欧州チャンピオンシップなど、何らかの形で殆どカバーされます
から、然も視聴料無料で。
この辺りのこと、doizoさんがスレッドを立てられていますね。いつか
改めてこの件について述べてみます。

流石だ

>何故か2ちゃんねるへは接続可能です。取り締まるなら、寧ろここではないかと・・・。
 流石、この辺が方証大師的「老練・悪辣」さですね(笑)

No title

動画が見れなくなると、海外組には厳しいですね~。これでストレス軽減できますから!

general-4様

ようこそいらっしゃいました。

成る程、こういう方法があるのですが。
次回行った時に試してみます。リアルの事情で、再渡航が遅れそうな
可能性が高いのですが…。

No title

ウィキペディアは、フレッシュアイの
フレッシュアイペディアでみれます。

sue様

エキサイトブログに対する理由…、何でなのでしょう?

sueさんのブログ、面白いですし、何より、美味しそうなお料理に
魅き付けられますので、閲覧できなくなったのは辛かったです。

dairu様

規制すると言っても、そのシステムで成り立っている、正当なビジネスも
また、存在しますからね。それらを潰してしまうと、それも問題ですから。

マルチメディアの普及・活用・浸透という点では、中国は、日本よりも
遥かに進んでいると思います。携帯電話のショートメッセージ等を利用
しての、視聴者参加の番組などは、日本よりずっと盛んです。

それだけに、これからますます巨大ビジネスへと発展していく可能性を
秘めているだけに、規制と助成の兼ね合いが難しいところだと思われます。

doizo様

動画規制の理由の一つとしては、知的所有権に対する中国政府の
姿勢を諸外国に示す為の、パフォーマンス的な要因が大きいように
思います。

前回の規制、時期的に一致するか分かりませんが、大きな問題に
なった、例の鐘欣桐(ジリアン)や張柏芝(セシリア)が巻き込まれた
事件に関係しているかも知れませんね。
あの事件で降板させられましたが、鐘欣桐は、今年の北京五輪で、
セレモニーの仕事がありましたしね。

君平様

私の感覚では、実は余り体制維持を目的としてはいないと思います。
寧ろ、自制心(公共マナーとも言うかな?)が乏しく、理性にも欠けた、
過激な人々が、ネットという、簡単に世界にアクセスできる手段を
用いて、外(諸外国、特に先進国)に向けて、中国人の恥を晒すのを
防止しているように思えます。

簡単にパスポートを発行しないのも、それが原因だと思える場面に、
結構遭遇しますね。
正直なところ、街で見掛ける人たちが、誰でも彼でも日本にやって
来たら、大変なことになると思います。

この辺りについては、後にスレッドを設けて、もう少しお話したいと
思います。

No title

う~ん、ウィキペディア大好きの私としては切ない!
それにしてもエキサイトブログが見れないだなんて・・こんな理由だったんですね。
何でなんでしょうね・・?

びっくり?!

中国で見れないものがこんなにもあるのですね!?
ウィキペディアもだめ・・・。
中国ではけっこう安い値段でサイトを開設できる
ということも初めて知りました。
ネット社会において不安なことが多いですね・・・(>_<)

No title

チ●ットもんだいで、
You-Tubeがみれなくなってましたよね、
いまは回復している?ようですが。

でも、これから動画に規制を厳しくするって
情報がはいりましたよ。

では、

No title

こんにちは。ご無沙汰しております。
中国政府は体制維持のため色々対策をされているようですが、これらの対策はいったい誰が考えているのかなと思ってしまいます。
普通の政治家?がこれまで綿密な技術的なことが出来るのか、とっても不思議です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。