--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-06

上海地下鉄案内 -2号線・中編-

本日は、上海地下鉄2号線の2回目としまして、2号線の路線をご案内します。

地下鉄2号線は、上海市内を東西に貫き、浦西と浦東とを結ぶ主要路線です。
将来は、浦東空港虹橋空港の、2ヶ所の空港を結ぶ計画です。

地下鉄2号線と浦東空港とを結ぶ、世界で唯一の商業用リニアモーターカー
への乗換駅である「龍陽路站」の他、「浦東」、「人民広場」、「南京東・西路」等、
観光のみならず、生活やビジネスにおいても、大変需要度の高い路線です。

'10年の上海世博会(万博)までに、張江高科~浦東国際機場(浦東国際空港)
間が開通する予定となっています。

これと合わせて、西延長区間の、淞虹路~徐間も開通する予定です。

“上海火車站、及び上海南站を結び、地方から出て来た労働者も多い1号線”に
比べ、2号線は、外国人も多く、客層が異なる印象を受けます。

そのせいか、特に2号線は、航空券会社のビラ配りが鬱陶しいです。ビラ配りが、
座っている乗客に断りも無く、膝の上にビラを置いたり、鞄や組んだ腕の中に
ビラを突っ込んでくる者までいます。

停車駅は、次のとおりです。

長寧区内;淞虹路 - 北新 - 威寧路駅 - 婁山関路 - 中山公園 - 江蘇路 -
静安区内; 静安寺 - 南京西路 -
黄浦区内; 人民広場 - 南京東路 -
浦東新区内; 陸家嘴 - 東昌路 - 世紀大道 - 上海科技館 - 世紀公園 - -
         張江高科

現在、龍陽路站を過ぎてから張江高科までの区間が、地上区間となっています。
当初の計画では、張江高科から、そのまま高架を延伸して浦東国際機場方面に
繋がる予定でした。
しかし、その後の計画変更で、龍陽路~張江高科間は、張江高科站を含めて
地下化されることに決定しました。
この区間の地下化完成後、張江高科站を含めて、地上部分は取り壊される
予定だそうです。

他路線との乗換駅は、

・中山公園;3号線4号線
・人民広場;1号線8号線
・世紀大道;4号線6号線
・龍陽路;リニアモーターカー(中国語名;磁浮(列車))

現在までのところ、以上の4駅となります。

この中で、特に人民広場の1号線~2号線への乗り換えは、上海地下鉄の中でも、
最も長い距離を歩かされる乗換連絡口です。
全路線中、最も早期に計画・完成した路線にも関わらずのこの現状は、当時の
計画の杜撰さ
を感じさせられます。

中山公園もひどい場所です。
3,4号線は、この区間路線を共用している為、同一ホームを使用していますが、
この2路線から2号線への乗り換えが、地上路線から地下路線へ行く為の、
縦方向の移動(階段)はまだ良いとして、地下ホームに降りるから、2号線へ
行くまでの距離が、また少なからず歩きます。

この2駅に比べますと、世紀大道の駅は、乗り換えが容易です。

長くなりましたので、主な駅の紹介は、明日のスレッドで行います。
スポンサーサイト

theme : 中国での生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。