--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-09

上海地下鉄案内 -3号線(明珠線)・中編-

本日は、上海地下鉄3号線の2回目としまして、3号線の路線をご案内します。

このエリアは、元々上海でも有数の工業エリアであり、3号線は、その通勤路線と
して機能を発揮しています。

停車駅は、次のとおりです。

徐匯区内;上海南站 - 石龍路 - 龍漕路 - 漕溪路 - 宜山路 -
長寧区内; 虹橋路 - 延安西路 - 中山公園 -
普陀区内; 金沙江路 - 曹楊路 - 鎮坪路 - 中潭路 -
閘北区内; 上海火車站 - 宝山路 -
虹口区内; 東宝興路 - 虹口足球場 - 赤峰路 - 大柏樹 - 江湾鎮 -
宝山区内; 殷高西路 - 長江南路 - 淞発路 - 張華浜 - 淞濱路 - 水産路 -
        宝楊路 - 友誼路 - 鉄力路 - 江楊北路

このうち、虹橋路~宝山路間の各駅が、4号線との共用区間となっています。

その他、他路線との乗換駅は、

・宜山路;※9号線
・中山公園;2号線4号線

以上の2駅となります。

上海火車站では、1号線のスレッドでもご紹介しましたが、一旦改札を出ることで、
1号線に乗り換えることができます

この連絡通路というのが、上海火車站の北口にある3・4号線の改札から、南口
ある1号線まで歩く羽目になる構造で、移動距離は半端ではありません。
一回改札から出なければなりませんので、正確には乗換駅ではありません
これまた繰り返しになってしまいますが、当時の計画の杜撰さを、ひしひしと感じ
させられます。

中山公園も、2号線のスレッドでご紹介しましたように、ひどい乗り換えです。

宝山区には、製鉄で名高い“宝鋼”があります。
宝鋼は、正式名称を「上海宝鋼集団公司」といい、その中核となったのが、宝山鋼鉄と
いう鉄鋼会社で、1977年に設立されています。
実はこの宝山鋼鉄が、山崎豊子作「大地の子」で、主人公陸一心(松本勝男)が、
建設プロジェクトに携わる製鉄所のモデル
になった会社です。
ちなみに、日本側の“東洋製鉄”のモデルになった会社は「新日鐵」です。

この為、宝鋼(中国)、新日鐵、それにPOSCO(浦項;韓国)の3社は、関係が強いですね。
中国における、新日鐵の合弁会社の合弁先が、宝鋼です。ですので、新日鐵の工場は、
宝山区にあります。

また、宝山区は、長江や黄浦江を使ったコンテナ船の物流も盛んで、車窓から大きな
コンテナヤードを眺めることができます。
そういった意味でも、これ迄の地下鉄路線とは、毛色の違った路線になっています。

明日の後編では、主な駅についてご紹介します。
スポンサーサイト

theme : 中国での生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。