--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-05

満江紅 -岳飛- …'94版射英雄伝から

こちらの映像は、'94版射英雄伝のオープニングです。


このオープニングの冒頭で、赤い文字で流れている詩は、宋の抗金の英雄として名高い、
岳飛作の「満江紅」です。
詩の全文は、下記のとおりです。
※但し、一部意訳を含んでいます。

------------------------------

滿江紅
            
怒髮衝冠 憑闌處 瀟瀟雨歇
抬望眼 仰天長嘯 壯懷激烈
三十功名塵與土 八千里路雲和月
莫等 白了少年頭 空悲切

康耻 猶未雪
臣子憾 何時滅
駕長車踏破 賀蘭山缺
壯志饑餐胡虜肉 笑談渇飮匈奴血
待從頭 收拾舊山河 朝天闕

------------------------------

詩の意味は、下記のようになります。

憤怒の為に逆立った髪が冠を突き上げる
※日本でも、“怒髪冠を突く”という言葉になっているほどに有名な言葉です。
欄干に寄り掛かると、寂しく降っていた雨が止む
頭を持ち上げ遠方を見遥かし、天を仰ぎ、雄雄しく、激しい、心の奥底の鬱懐を吐き出す
三十余歳になる迄に立てた功名・功績は、塵土に塗れて奔走してきたものだった
八千里の路(行程)において、昼夜を厭うことはなかった
※ここの“八千里路”とは、岳飛の戦歴を指します。
空しくする無かれ、少年の頭(頭髪)は白くなってしまい、空しさ、悲しさが身に沁みる

靖康の恥(*注1)は、未だなお雪(すす)ぐことができない
臣(皇上に対して臣下の意、つまり岳飛のこと)は余りに無念である
何時の日に(夷狄を)根絶やしにすることができるのだろうか
長車に駕し、賀蘭山峠を踏破してみせよう
※敵地へ遠征し、賀蘭山を踏破してみせよう(*注2)
壮き志は、餓えれば胡虜(*注3)の肉を馳走とし、談笑しながら、匈奴の血で喉の渇きを潤す
必ずや、(淮河以北の)祖国の山河(奪われた宋の旧領)を奪回し、朝廷に参内して、皇上に
勝利の報告をしてみせよう

・駕長車は(当時の)戦車に乗るという意味で、つまり遠征の比喩
・賀蘭山は中国北西部(現内蒙古中西部、寧夏の北西)、当時金の根拠地があると思われて
いた場所
*注3;胡虜・匈奴というのは、胡・夷狄・戎即ち北方・西方の異民族(騎馬民族)を指す。
つまり金のこと


この物語を読んだ方ならご存知だと思いますが、主人公の郭靖(と黄蓉)は、岳飛の残した
「武穆遺書」を手に入れ、襄陽城を護るという流れになります。
ですので、この'94版射英雄伝のオープニングで、この詩が流れるのは、非常に良い演出
だと思います。

ところが、最も新しい'02版では、残念ながら、そのような演出はないようです。
現在、次回の最新作となる、'08版を製作中ですが、こうした辺りの演出が復活して欲しいと、
個人的には願っていますが。

とは言え、最近の中国では、特に若い人達は、漢詩など、古典には殆ど興味がないそうです。
TVドラマがエンターテインメントとして視聴率を取る為には、その辺りの視聴者を取り込む
必要はありますので、その層に訴えないような要素は、残念ながら、取り払われてしまうの
かも知れません。
現実、現在のドラマは、視聴率目的で、兎に角人気・著名俳優を起用する傾向が強いです
から、彼等への出演料を考えても、スポンサーと視聴者へ目を向けざるを得ないのでしょう。


最後に余談になりますが、お気付きになった方も少なくないと思いますが、この'94版主題歌
「絶世絶招」は、北京語ではなく、広東語で歌われています。
歌は、ドラマ中で、主人公の郭靖を演じた張智霖と、台湾の女優・歌手呉倩蓮です。
スポンサーサイト

theme : 漢詩
genre : 小説・文学

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
総ご来訪者数
お立ち寄り頂きまして有難うございます
庵主紹介

孤舟居士

Author:孤舟居士
----------------------
東アジア・ASEAN諸国関連の話題が、比較的多くなると思います。

あくまで私一個人の見解を元に作成致します。何卒長い目でご覧下さい。

※ご訪問の皆様へのお願い;

他のお客様が不快になるような話題、当ブログのテーマと著しく懸け離れる話題は、堅くお断り申し上げます。
上記のような投稿がありました場合には、管理者の判断により削除致します。
この点、ご了承下さい。

当ブログの趣旨をご理解の上、お楽しみ頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

友好リンク
リンクをご希望の方へ

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
World Map
Locations of visitors to this page
FC2カウンター
歓迎光臨~♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。